診療科・部門のご案内

循環器内科

概要

心臓は全身に血液を送り出すポンプの役割をしています。

心臓も動くために、酸素や栄養が必要です。

 

心臓のポンプ機能が低下し、肺や全身に必要な量の血液(酸素)を送り出せなくなると、からだに必要な酸素が足りなくなり、息切れがしたり疲れやすくなります。

この状態を心不全といいます。

その心臓の筋肉に酸素や栄養を含む血液を流しているのが、心臓のまわりを通っている冠動脈という血管です。

狭心症は、この冠動脈が老化によって血管が硬くなることや、血管の壁に脂肪などが蓄積して、血管の内腔が狭くなると、心臓の筋肉に血液が行かなくなると胸が痛くなります。

不整脈は何種類もある脈の異常をまとめて不整脈といいます。

急に脈が速くなったり(頻脈)、遅くなったり(徐脈)、脈が飛んだりします。

このような症状を自覚すれば病院を受診してください。

検査としては下記のようなものがあります。

ホルター心電図

24時間心電図を装着して、脈の不整やの速い状態、遅い状態を確認します。

心エコー検査

心臓の筋肉の動き、弁の逆流や狭窄の程度を確認します。

冠動脈CT検査、心臓カテーテル検査
当院ではできませんが、必要に応じて他院に紹介して狭心症、心筋梗塞の検査を行います。

診療体制表

13:00〜
16:00
- - - - -

担当医師

豊 航太郎
名前 豊 航太郎
役職 非常勤医師(済生会泉尾病院医長)
出身大学 山口大学(平成11年卒)
資格・専門 内科認定医

各種ご相談・採用に関する
お問い合わせ

インターネットからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

代表

06-6632-6181

地域医療連携室9:00〜17:00(月〜金)

06-6632-6299

おとしよりすこやかセンター南部花園館
おとしよりすこやかケアプランセンター南部花園館

06-6651-8700