診療科・部門のご案内

脊椎外科

概要

当院では兵庫医科大学整形外科の協力を得て、脊椎疾患の専門外来を設けています。原因が分かりにくい足腰の痛みに対して、‘漫然と’痛み止めを処方するのではなく、CT・MRIで診断を詳細に検討して病態にあった薬物療法、透視室での専門的なブロック注射、リハビリテーション科と連携して早期社会復帰に向けた‘積極的な’保存的治療を行っています。又、保存的治療で改善が得られない場合は、内視鏡手術などの低侵襲手術から脊椎固定術まで幅広く行っています。


当院では体に優しい治療を優先して行っています。腰痛や足のしびれ、痛みに対してはまず保存的治療を優先します。保存的治療とは薬の処方やリハビリを行うだけではなくMRIや脊髄造影検査で原因となっている部位を同定して選択的なブロック注射したりもしております。保存的治療が効果ない場合や早期の社会復帰を希望されれば低侵襲手術を行っております。

BKP
骨粗鬆症による椎体骨折の治療はコルセットによる外固定と薬物治療が基本ですが、偽関節となり背部痛が長びく場合は低侵襲経皮的バルーン椎体形成術(Balloon kyphoplasty)という方法があります。全身麻酔は必要ですが背中を切開せずにセメントを注入する低侵襲な術式です。

各種ご相談・採用に関する
お問い合わせ

インターネットからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

代表

06-6632-6181

地域医療連携室9:00〜17:00(月〜金)

06-6632-6299

おとしよりすこやかセンター南部花園館
おとしよりすこやかケアプランセンター南部花園館

06-6651-8700